4・3級

 漢検4級からは中学生が対象になり、四字熟語なども本格的になってきます。筆順や総画数の
出題はなくなるものの、漢字や熟語の幅広い知識が求められるようになり、暗記だけの学習では
なく、考える力も必要です。
 四字熟語は意味までは詳しく問われないものの、熟語の一部を漢字に直す問題があり、四字熟語
そのものを知っていなければなりません。四字熟語のみの勉強をしたほうがよいでしょう。
 同音異義語は3つそれぞれ答えなければならないので、すべての漢字において意味まで理解して
使えるようになっていないといけません。
 誤字訂正もなかなか巧妙に作ってあり、私たちが見ても一見気づかないようなものがあります。
ここでも必要な知識は熟語と同音異字の分野なので、漢字を熟語で覚える、意味を知るという
学習方法がおすすめです。
 習った漢字のひとつひとつを丁寧に正しく覚え、読書などを通して日常的に使っていくことも
中学生に求められることなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク