challenge 漢検 団体導入

 challenge 漢検 は企業や学校といった団体で導入することができます。
それには、「管理者機能ツール」があり、様々な団体ならではの方法で利用することができます。
 まずは「メッセンジャー機能」です。ユーザーにメールを送信したりすることができます。
まや、「スケジューラー機能」も用意されているので、学習のスケジュールを記録でき、
より効果的に、かつ計画的に学習を進めることができます。
 また、「ユーザー検索」では特定の条件により、ユーザーを検索することができるので、
学習の進み具合を簡単にチェックすることができます。まったく勉強していない人を検索して、
「勉強しなさい!」なんてメールを送ることができます。
 その他、お知らせを公開することもできるので、全員にメールを送らなくても済みます。
 ユーザーからしてみれば常に監視されているようで気の抜けない状況です。管理者機能ツールを
ふんだんに利用して、漢検に集団合格ですね。
もし管理者の方で challenge 漢検 をしてみたという方はこちらに問い合わせてみましょう。
<チャレンジテスティングセンター> E-mail info@challenge.ne.jp TEL 075-352-8282

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク