漢検の合格率

 260万人とも言われる漢検の受験者ですが、その合格率はどうなっているのでしょうか?
 200点満点中80%程度正解で合格といわれる1級が10%前後、準1級が10%前後、
2級が25%程度となっています。やはりここまでくるとかなり難しい資格試験であるという
ことがうかがえます。
 漢検1級合格者の10%についてですが、その70%がリピーターといわれています。
何度も合格している人たちのことです。中には40回も漢検1級に合格している人がいるとか・・・
ということで、実質的な漢検1級合格者は3%程度といわれています。
 準2級になると合格率はあがって50%、受験者がもっとも多い(1回の検定試験で18万人
ほどが受験している)3級は55%、4級が55%、5級が75%、6級が70%になっています。
 残る7、8級は80%を越える合格率です。全体を通して、受験級が上がるにつれて合格率が
下がってきていると言えます。そして9、10級は90%を越えています。
 特に常用漢字の最上級の2級と準2級の差は歴然で半分にもなっています。
そういった面からみても漢検2級というのが、どれだけ大きな力を持つかがうかがえます。
 4人に1人の難関を突破して2級をゲットしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク