漢検の検定時間 併願

 漢検の特徴のひとつとして、級によって検定時間がちがうということが挙げられます。
これによって受験者にはうれしい制度があるのですが、のちほど説明するとして、
まずは各級の検定時間から紹介します。
 8、9、10級の検定時間は40分で、7級から1級までは検定時間が1時間になります。
午前中に行なわれるのは2級のみで、その時間は10時から11時です。
 次にお昼をはさんだ11時50分から12時50分に準2級の試験、
11時50分から12時30分に8、9、10級の試験が実施されます。
 13時40分から14時40分に1、3、5、7級の試験、
15時30分から16時30分に準1、4、6級の試験が行なわれます。
 さて、ここまできてお気づきの方もいるのではないでしょうか?8、9、10級を除くと、
隣り合う級ではどれも時間がかぶらず、間が必ず50分空いているということに。
 そうです、漢検の受験者にうれしい特徴とは、「併願制度」なのです。
 一気に上の級まで挑戦したい、この日しかチャンスがない、この日は漢検DAYだ、どんな理由で
あろうと、検定時間さえ重ならなければ、1日に4つの級まで受験することできます。
 例えば、午前中に2級を受けて、お昼に準2級、午後から1級と、準1級などです。
勉強量はもちろんのこと、各試験開始時間の30分前までには入室しなければならないので、
体力的にもハードであることは間違いありません。
 また、願書はひとつでも受験料はその数と受験級に応じて支払わなくてはならないので、
経済的負担も考えなければなりません。
 いずれにせよ、多くの可能性を秘める「併願」。
ワンランク上を目指してあなたも挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク