漢検9級

 漢検9級は小学校2年生修了程度の240字を対象とした漢検です。
検定内容の項目としては、「漢字の読み」「漢字の書き取り」「筆順・画数」の3点になります。
 小学校2年生ということもあり、漢字の内容、構成うんぬんではなく、ひとつの漢字に対して、
線の長さや交わるところ、接するところ、はらうかなど、漢字の形を確認することがメインです。
筆順や総画数も漢検9級の大事なポイントです。
 また、部首という認識はなくても、同じきへんの漢字を書くなど、ある種の部首としての問題は
出題されます。
 全体の問題としては、学校で使っている漢字ドリルにちょっとした部首の問題と、長めの文章が
出題されるといった感じです。
 日々の漢字練習を一生懸命していれば、それほど難しくはないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク