漢検4級

 漢検4級は中学校在学程度の1322字が対象となっています。
よって小学校学年別漢字配当表のすべての漢字1006字とさらに300字あまりの常用漢字が読め、
適切に使えなければなりません。
 また学年別漢字配当表の中の900字ほどは、書けることも必要になります。
ポイントとして、音読みと訓読み、対義語、類義語、同音・同訓異字、熟語の理解が挙げられます。
 また、ここでも簡単な熟字訓や当て字が問われるので、「小豆/あずき」「土産/みやげ」くらい
の熟字訓には慣れ親しんでおきましょう。
 狙いとして、「漢和辞典の使用に慣れる」ということが挙げられているので、
学習の際には漢和辞典を積極的に用いて、漢字の基本から理解するとよいでしょう。
 漢検4級程度なら、よく中学校が団体受験会場になっているので、自分の通う学校であれば
ぜひ挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク