漢検準1級

 漢検準1級は、常用漢字を中心とし、JIS第一水準を目安とした約3000字の漢字を、
文章の中で適切に使うということが求められます。
 対象は学生や社会人で、文章題を含んだ漢字の書き取り、国字の読み、故事、ことわざ、
四字熟語などの分野から出題されます。
 1級に比べれば対象漢字数も少なく、比較的一度は見たことあるような漢字が出題されますが、
それでも、漢検のための勉強をしておかなければ、合格するのは難しいでしょう。
 ここでも当て字や四字熟語、国字の読みなどが問われます。
また、表外漢字を常用漢字に書き換えるという作業もあります。
 2級までは常用漢字のため、特別な勉強をしなくても、漢字の得意な人なら合格できる可能性が
高いですが、ここからはそうはいきません。
 専用の問題集を買うなりして、漢検にしっかりと備えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク