漢検団体受験 準会場

 学校や企業など、多くの人が一度に志願するようなところでは、公開会場ではなく、公認の会場で
団体受験を受けることができます。
 メリットとしては、いつも通う場所での受験のため緊張感も少なく、いつも通りの通勤通学で
よいので、道に迷ったりする心配もありません。
 また、回りにいる人たちもいつもの仲間なので、支えあったり刺激し合ったりすることができます。
「自分だけが落ちるわけにはいかない!」そう思って自然と学習にも熱が入ることでしょう。
 準会場は2~10級で志願者が20人以上のとき申し込むことができます。
申込み資格は、学校や官公庁、株式上場企業で、塾でも協会に申請をして承認されれば準会場として
認められます。
 
 準会場での受験日は、第1回の漢検なら6月の第1土曜日、第2日曜日、第3金曜日、7月上旬と
4つの中から選ぶことができ、学校の行事などに合わせて受験できるので、志願者としても
受けやすい試験となります。
 もし自分の学校や職場で漢検の団体受験が行なわれるときは、ぜひ挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク