漢検 高校での単位認定制度

 高校や大学では、ある一定の技能を修得すると単位が与えられます。これを「単位認定制度」と
言いますが、技能審査に合格した場合はさらに単位が追加されます。
また指定教科の代わりに振り替えられる場合があります。
 ということを言われてもちょっと難しいのですが、噛み砕いて言えば、
「漢検を取得すると、単位として認められますよ。」ということです。
高校の場合漢検2級を取得すると、「国語Ⅰ」「現代語」の単位として、2単位プラスされます。
 学校によって認定科目名は多少異なりますが、「国語総合」「国語表現」「現代文」という
ところが多いようです。
 単位数も2単位を中心として、1単位から4単位とバラつきがあり、普通科が多いものの、
工業科や商業科、総合科、食物科など幅広く及んでいます。
 ただし、漢検の取得級としては最低でも2単位、準1級以上でないと認められないというところも
あります。
 それでも現在全国に800校近い高校が単位認定制度として、漢検を利用しています。
自分を磨きながら単位までゲットできたら一石二鳥どころではないかもしれませんね。
 漢検の単位認定制度がある高校はコチラでチェック↓
http://www.kanken.or.jp/frame/h01.html

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク