漢検の採点基準

 「漢検を受けてみたいけれど、字って人によって違うよね?」「私クセ字なんだけど、その点考慮
してくれるのかな?」そんな疑問がアチコチから聞こえてきそうですが、漢検の採点基準には
きちんとした決まりがあります。
 その採点基準は
1.字種・字体 2.字の書き方 3.読み 4.仮名遣い 5.送り仮名 6.部首 7.筆順
の7つの観点からなっていて、それぞれ細かく定められています。
 まず、1.字種・字体ですが、2~10級は内閣訓令・告示による「常用漢字表」に記載されて
いる漢字が正解となります。また旧字体はたとえ正しく書いていても正解にはなりません。
 1級・準1級の場合は、「漢字必携一級」という日本漢字能力検定協会が発行した「標準字体」
「許容字体」「旧字体一覧表」にあるものが正解となります。よって、1級・準1級を受験しようと
する人は、この「漢字必携一級」という本を用意するほうがよいでしょう。
 2.字の書き方はくずした字や汚い字は認めないというものです。一字一字丁寧に書くように
心がけましょう。
 3.読みは2~10級は内閣訓令・告示「常用漢字表」によりますが、1級・準1級の場合は
それのみではありません。つまり、「あてじ」という慣用句的なものがあるからです。
 4.仮名遣い、5.送り仮名はそれぞれ、内閣訓令・告示の「現代仮名遣い」と
「送り仮名の付け方」となっています。
 6.部首は「漢字必携二級」にある「部首一覧表と部首別の常用漢字」にあるものが、
正解とされています。
 7.筆順は文部科学省によって告示された「小学校学習指導要領」の「学年別漢字配当表」の
「筆順の手引き」によるものが正解となり、それに記載されていない漢字については「漢字必携二級」
にあるものということになります。
 なにやら告示とか文部科学省とか難しい言葉ばかりでちょっと困惑気味かもしれませんが、
基本は、「学校で習ったとおりに丁寧に書く」です。
 
 漢検を解くのが人間なら、漢検の採点をするのも人間です。トメ、ハネまで意識して、
採点者が気持ちよく採点できるように心をこめて書くようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク