エステでケミカルピーリング

今現在、国内のエステサロンや美容外科、皮膚科などで広く行われているピーリングは、
20~50%のAHA(主にグリコール酸)を使ったピーリングです。
サリチル酸(20%程度)を使ったピーリングもよく行われています。
副作用は小さく、主に角質をはがすもので、にきびにはある程度効果がありますが、
一般的なしみ、しわには一時的な効果しかないというのが実情です。
ピーリングを行う場合は、施術前の前治療や術後の後治療が非常に重要となってきます。
角質や表皮を剥がすこと、つまり肌に直接施術をするわけですから、お肌の表面の表皮が持つ本来のバリア機能や
水分保持機能が失われることで、それに対する適切な対処が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク