ネット検定を受ける際の注意~自宅編~

ネット検定を自宅で受ける際の注意点を挙げてみたいと思います。
自宅でネット検定を受ける場合、パソコンのスペック(内容)やネット環境が一番の問題です。
これは、ストレスを感じることなく受けられると言う点と、パソコン自体が行う処理が多いため、
「パソコンがフリーズして(固まって)しまう。」などの検定試験途中で終わってしまわないように
といった注意のためでもあります。
パソコンのスペックとしては、WindowsXPを使われている方が多いので、パソコンのスペックはほぼ問題ないといえます。
Windows2000でも大体は問題ありません。
※各ネット検定サイトにて、動作環境について詳しい説明があります。
 Meや98を使用されている方は、申し込み前にご確認なされることをお勧めします。
ネット環境としては現在はADSLなどのブロードバンドが主流となっているので、この点も大丈夫かとは思います。
しかし、地域によってはまだADSLが開通していなく、ISDNなどの電話回線を使用した環境の場合は、
検定の時間内に終わらせることができない。と言うような事が起りうる可能性があるため、
あまりお勧めできません。
あと、電話回線を使用している方(ブロードバンドではない方)で、一番注意しておきたい点がキャッチホンの機能です。
この機能は最近では普通に使用されていますが、回線が切れる恐れが十分ありうるので検定中は切っておく事をお勧めします。
次の問題点は、来客や電話などの問題です。
自宅で手軽に受けられる点はとてもいいのですが、在宅中でこのような試験などの時には必ずと言っていいほど、
来客があったりします・・・。
実際に私も一つを受けていた時に来客があり、とてもあせりました。(汗
出来るだけ来客(電話)がないような時間に受けるか、来客(電話)があっても出ない!と言った心構えの方が安心して受けられますよ。
この手軽に受けられると言うネット検定。
実際はこのような盲点があったのをご存知でしたか?
受験される前に、もう一度ご確認くださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク