ネット検定の種類

ネット検定もとてもたくさんの種類があるのをご存知でしょうか?
ネット検定に限らず、資格専門書などを見ても数えられないぐらいたくさんの種類があります。
資格を紹介した本がよく売られていますが、とても分厚いですよね。
書店に行った際に資格のみの棚を見ても、とても多いことがわかります。
ネット書店amazonで「資格 試験」のカテゴリを見たところ、80,645件もの本が販売されていることがわかりました。
この検索結果には、ネット検定も含まれています。
そして、このたくさんの検定の中でもネット検定は、これまでの域を越えた検定がたくさん出されています。
ネット検定を調べていくと、実に様々な検定があります。
実用的なものから、ユニークなものまで。
一つ例を挙げると、株式会社ルートが主催している「阪神タイガース検定」はとてもユニークで、
阪神の拠点地域である関西圏のみでの検定ではなく、全国各地に散らばるファンにとってもネット検定を取り入れていることで、
ファン同士の絆も深めることが出来るというすばらしい検定ではないでしょうか?
そこでネット検定を資格種類で選ぶと、公的資格が少々、その他は民間試験のものがほとんどです。
民間資格が多いと言うことで、このようなネット検定ならではのユニークな検定も生まれているのでしょう。
資格分野とするとネット検定を実施されている分野は、もちろん情報処理系ですよね。
情報処理系では、民間資格しかありませんが国家資格や公的資格よりも細分化された検定ですので、
自己の能力を測るのには一番わかりやすいと思います。
次にあげるのは、事務系の資格。
驚くことに、この事務系資格には公的資格があります。
とは言っても、タイピング試験ですが・・・
しかし、コンピュータで様々な作業を行う事務としては、タイピングも必要なスキルですね。
あと、実務的なものであげると英語翻訳などもあります。
このように、資格試験にあわせネット検定も多種多様化しています。
一度、この機会に簡単なものでも体験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク