骨盤ダイエットでの正しい姿勢

正しい立ち方

骨盤がずれている=姿勢が悪くなっている。
その悪循環を断ち切るためにも、先ずは正しい姿勢を意識してみましょう。

背筋を伸ばした正しい姿勢が、引き締まった美しい身体をつくります。

両足をきちんとそろえる。
おしりをキュッと締め、おなかを引っ込める。
背筋を伸ばし、あごを引いてまっすぐ前方を見る。
頭の上で糸を引っぱられているようなイメージして背筋を伸ばす。

「くるぶし」→「ひざ」→「骨盤の出っ張っている部分肩のつけ根」→「耳」が、垂直線上に並ぶように意識してみましょう。

正しい歩き方

骨盤がずれている=姿勢が悪くなっている。
その悪循環を断ち切るためにも、先ずは正しい姿勢を意識してみましょう。

正しい姿勢になって、腰からまっすぐ前に足を出します。
この時、かかとを地面から離してひざを折るように前に出します 。
かかとから着地して、足の裏が地面に着いたところでかかとからつま先へ重心を移動します。
つづけて、前に出した足に重心を移していきます 。

歩き方が悪いとひざや腰に負担がかかってしまい、体形がくずれやすくなります。

正しい座り方

骨盤がずれている=姿勢が悪くなっている。
その悪循環を断ち切るためにも、先ずは正しい姿勢を意識してみましょう。

正しい座り方は骨盤矯正に効果があります。

背筋を伸ばしイスに深く腰かけ、座る時に意識してお尻を引き締めてひざから下をそろえます。
その時、足の裏はしっかり床につけます。
正座をするときは背筋を伸ばしましょう。

悪い姿勢で座るのは骨盤がゆがむ原因になり、連鎖的に足や背骨・首や頭蓋骨などもゆがんでしまいます。

正しい寝方

睡眠は、健康を維持するために欠かせません。
頸椎(けいつい)に負担をかけないように、適度なかたさの低めの枕を選びましょう。
適度なかたさのある布団やベッドに仰向けで寝ます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク