女性と骨盤について

女性と骨盤

女性の骨盤は『排卵と生理』に合わせて周期的に開閉しています。
生理が終了すると排卵の時期に向け閉じていき、排卵から生理の開始に向け開いてきます。

生理の前後で、スカートのサイズが違ったりお尻が下がって見えたりするのはそのせいなのです。

骨盤が動く

骨盤が開いてくると、お尻が平らになったり、ウエストのくびれが少なくなり横から見るとおしりが垂れて見えることもあります。

反対に骨盤が閉じてくると、お尻が上がって見えますし、背筋も伸び、バストも上がって見えるのです。

これは骨盤のゆがみというよりも、自然な生理現象なので骨盤や骨格が動くのは当然なのです。

生理痛と骨盤の関係

生理の時の生理痛のほかにも腰痛、腹痛、頭痛が起こる事があります。
「生理が重い」「量が多い」他に「排卵痛」などの『女性特有の症状』の改善も、骨盤のゆがみや骨盤近くにあるの深層筋のコリも関係があります。

生理の周期と骨盤

生理の周期に応じて骨格が動くと同時に、ホルモンも分泌されるます。
しかし、骨盤のゆがみがひどかったり、深層筋のコリがひどいとホルモンの流れが悪くなっていき「生理痛」やその他の不快感・痛みの原因になる事があります。

生理痛を軽減するには

骨盤のゆがみを直すことの他に、深層筋のコリをほぐす事にも『骨盤ダイエット』はとても効果が期待できます。

『骨盤ダイエット』で、骨盤を正常な位置に戻せて「生理痛」などの痛みや不快感が軽減されるのは嬉しい事だと思います。

「生理期間」「量や痛み」が少なくなるのはもちろん、骨盤が正しい位置に戻りホルモンが正常に分泌されるようになると体がしなやかになっていきます。
そして、体内の老廃物をキチンと出せるようになると婦人科系の病気にもなりにくくなるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク