自分でできる骨盤ダイエット

おうちで簡単!自分でできる骨盤ダイエット

自分で出来る骨盤矯正にはバランスボール、やゴムバンドを使った方法やいろいろな体操を行う方法などがあります。

姿勢、歩き方などの癖について見直すことも必要です。

ここでは、家庭でできる簡単な骨盤ダイエットの方法をいくつか紹介したいと思います。

骨盤ダイエット自転車チューブ法

自転車にのタイヤに使っているチューブをベルトのようにして使う方法です。

1.20インチ以上の自転車のタイヤチューブを用意します。
 自転車屋さんやホームセンターなどで購入できます。
(1,000円以内で購入でき、ダイエット用のゴムよりも安くて使いやすいと思います。)

2.自転車チューブをカッターナイフ等でさいて、たいらな状態にします。
(刃物の取り扱いには十分注意して下さいね。)

3.チューブを前から両方の『大転子(お尻の横の、足の付け根の骨)』 にあてて、
 ヒップトップで交差させ、腰骨(骨盤の一番とがっている部分)を通って前へ。

4.おへその下のあたりでチューブを結びます。

5.この状態で、屈伸運動をします。(膝に負担にならない程度)

6.つぎに、腹筋運動をします。(腰に負担にならない程度)

骨盤ダイエット用のゴムバンドよりも安く、効果的にダイエットできます。
ダイエットももちろん、骨盤のゆがみからくる腰痛などの症状を和らげます。

骨盤ダイエット専用クッション法

骨盤ダイエットには『座骨を広げないようにする』骨盤矯正クッションを使用します。

骨盤専用クッションが販売されていますので、それを使用するのが効果的です。
自分がもっとも長い時間座る場所(例:会社の机のイス、学校のイスなど)におさまる大きさの骨盤クッションを手に入れます。

1.骨盤専用クッションをイスに正しくセットしましょう。
(前後左右がありますので、間違えないように。)

2.正しく座ったら両手で下腹部を軽く押さえ、力を入れてお腹をへこませた状態
で1分キープ。静かに深呼吸しましょう。(鼻から吸って口からゆっくり吐く)

4.これを一日に何回か意識して行います。

特にエクササイズをする時間のない人にとっても有効です。
ただ、仕事中や勉強中にクッションに座っているだけなので、とっても簡単。
運動が苦手な人などにもおススメです。

骨盤ぐるぐるダイエット

『骨盤ぐるぐるダイエット』は、名前のとおり骨盤をぐるぐると回すように動かす体操です。

動作は単純なので誰でも簡単に出来ます。
だから、筋肉質な体にならずに脂肪を落とすことが出来ます。

その秘密は・・・。
普段の生活で「歩く」「階段を上る」「物を持ち上げる」などの動作は、主に《浅層筋》を使って行われます。

そのため、深層筋はほとんど使われないのです。

《深層筋》は骨盤や股関節から一番近いところにあるため『骨盤ぐるぐるダイエット』
で鍛えることができるのです。

《深層筋》は体の内側にあって赤い色をしているため「インナーマッスル(inner muscle)」
と呼ばれます。

また、骨盤や股関節の一番近いところにある《深層筋》が強化されれば、最近よく聞く骨盤のゆがみが矯正されます。
そのためゆがみによって起こる冷えや腰痛、肩こり、便秘などが改善されるメリットもあるのです。

実はこの深層筋こそが『骨盤ぐるぐるダイエット』のカギなのです。

『骨盤ぐるぐるダイエット』では「RPB」という理念に基づいて作られています。
これを意識しながら行うことが効果を高めるコツです。

 RPBとは、以下の略です。
  ・Relax(リラックス)
  ・Posture(姿勢)
  ・Balance(バランス)

脂肪燃焼のカギである《深層筋》は、体をリラックスさせ力を抜いて動かすことで鍛えられ、正しい姿勢になって体の重心を移動させます。

そうすると、効果的に骨盤や股関節を動かすことができ、筋肉や骨盤へ連動させて体のバランスをとることで、
骨盤のゆがみがなくなっていき、脂肪が燃えやすくきれいな姿勢になっていくのです。

『骨盤ぐるぐるダイエット』を実際にやってみると、疲れがなく長時間でも続けられることを実感できるはずです。
だから、毎日少しずつ継続できて、楽しみながら美しく健康的なボディーラインを手に入れる事が可能なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク