骨盤と体の仕組み

骨盤とは

わたし達のからだは、多くの骨や筋肉、筋によって構成されています。
骨盤ダイエットをする上で骨盤の周りはどうなっているのかを知ってみませんか?

骨盤とは、腸や膀胱、子宮などの臓器を包み込むように形作られている骨のこと。

尾骨(びこつ)の上にある「仙骨(仙骨)」と、座ったときに椅子に当たるお尻の「坐骨(ざこつ)」、
ウエスト部分にある「腸骨(ちょうこつ)」と膀胱の下の「恥骨(ちこつ)」の4つで構成されています。

骨盤の形

わたし達のからだは、多くの骨や筋肉、筋によって構成されています。
骨盤ダイエットをする上で骨盤の周りはどうなっているのかを知ってみませんか?

骨盤は体の中心に位置し、仙骨、その左右にある腸骨、そして恥骨と坐骨から構成されています。
そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている「体の支柱」のようなものです。

横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると逆三角形をしています。

骨盤の働き

わたし達のからだは、多くの骨や筋肉、筋によって構成されています。
骨盤ダイエットをする上で骨盤の周りはどうなっているのかを知ってみませんか?

『骨盤の形』にも書きましたが、骨盤は体の中央で上肢と下肢を支えている
「体の支柱」のようなもの。
次のような大切な働きがあります。

  1. 人間の背骨のバランスをとり、上半身の重さを受け止める。
  2. 左右の股関節を支えている。。
  3. 座る時の台座になる。
  4. 大腸・生殖器・泌尿器などを下から支えている。
  5. 女性の場合、妊娠した時に胎児を包むベットになる。

骨盤が歪んでしまうと、これらの働きを果たしてくれなくなり、体のバランスが崩れ、
スタイルが悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには不妊を招く恐れもあるのです。

骨盤がゆがむということは

わたし達のからだは、多くの骨や筋肉、筋によって構成されています。
骨盤ダイエットをする上で骨盤の周りはどうなっているのかを知ってみませんか?

骨盤がゆがむ事は、骨そのものが曲がったり変形したりすることではありません。
骨盤は複数の骨で構成され、周りで骨盤を支える筋肉によってその位置を保っています。

その筋肉が弱くなっていたり、アンバランスな時に骨盤を構成している骨の位置がずれてしまうのです。
そして「開いた」状態にると外側に力が掛かってしまいます。

体のさまざまなトラブルを引き起こす骨盤のゆがみの原因は?

・老化
・運動不足
・だらしない格好
・まちがった靴選びと歩き方
・間違った寝方
・出産

などなど、普段の生活に密着したものなのです。

骨盤は骨格の要

骨盤は人間の骨格のちょうど中心にあって上半身と両足をつなぐ場所にあります。

複雑な骨が組み合わさって、S字形に湾曲した上半身をバランスを取りながら支え股関節と連動して足を前後左右に動かすという、骨格の「かなめ」としての役割を骨盤はしています。

そして、内臓や生殖器などを受ける「器」としての役割も持っています。
この器がゆがめば、生理痛など体調を悪くしてしまうのも当然なのです。

その他にも肥満やO脚、内臓などのトラブル、腰痛や肩こりも、ほとんどが骨盤のゆがみと関係しているのです。

どんなストレスが骨に影響を与えるか

ストレスを感じると、体にキュッと力が入ることがあると思います
このストレスにより首の骨や仙骨などが影響を受けることがあります。

どのようなストレスがどの骨に影響を及ぼすのかを調べました。

■いつも何かに追われているよう感じだったり、時間に追われている人は、頭にストレスを受けています。

その影響は首の骨に出てきます。

■人間関係や嫁姑問題など、腹が立っても言えずに溜め込んでしまうタイプだと心のストレスを受けています。

その影響は子宮や卵巣などにいくのですが、体が守ろうとしてそこに神経が届かないようになっています。
すると、仙骨が縮んで神経を圧迫するのです。

ストレスを回避する時に大事なのは深呼吸です。
骨盤は、息を吸うときに締まり、息を吐くときに開きます。

『骨盤ダイエット』を行うときにも呼吸を意識してみるといいでしょう。

首の骨がゆがむストレスとは

首の骨についてです。

人間はストレスに耐える時、ギュッと奥歯を噛みしめてこらえます。
睡眠中の無意識の状態で歯ぎしりという形でストレスを発散したりもします。

この状態が続くと、頭蓋骨やあごの関節をゆがめるだけでなく、首や肩の筋肉の緊張をさせます。

他にも首の骨の歪みには、食事を取る時の片噛みや頬杖(ほおづえ)などで、横方向にずれます。
そうなると筋肉がアンバランスについて、肩凝りや腰痛などになってしまい骨盤もゆがんでくるのです。

首は脳からの神経を全身に行き渡らせる重要な部分で首の骨が後ろにずれると、神経がうまく全身に伝わりません。

神経は胃腸に脳からの指令を届けますが、ここが麻痺してしまうと満腹感や空腹感がうまく伝わらなくなって、
最悪の場合には摂食障害を引き起こします。

「神経が伝わらない=筋肉がつきにくい」ことにもつながっていくのです。

仙骨がゆがむストレス

仙骨とは骨盤の中央で尾てい骨につながる三角形の骨です。
赤ちゃんの頃は五つに分かれていますが、成長と共に一枚の骨になります。

ストレスを感じると、この仙骨がどんどん縮んでいきます。
骨と骨が重なってしまい、お尻も厚く大きくなってしまうのです。

また女性は骨盤内に子宮や卵巣などすっぽりと包まれていて、そこにつながる神経は仙骨の隙間から流れています。

しかし、ストレスで仙骨が縮むと骨の隙間が少なくり、神経が流れづらくなってしまいます。
そうなると、おりものが排出しづらくなったり子宮や卵巣などの働きが衰えて、不妊になったりすることもあります。

もし骨盤がずれたままだったら?

ダイエットしてもやせにくい身体になっているかもしれません。
他にも身体が調子悪くなったり・・・例えば

顔がゆがんだり、むくんでしまったり・・・。
二の腕はプルプルしてるのにバストは小さく、おなかがぽっこり出てきてしまう。

あげくに、ヒップもたれて、O脚やX脚になってしまう。
そして、何をやっても太りやすい身体になってしまうのです。

骨盤がずれていると、顔がゆがむ

頭蓋骨は骨盤と離れていますが、つながりが深いのです。
「後頭骨がずれる」→「側頭骨が外側に張り出す」→
「歯のかみ合わせが悪くなる」→「顔がゆがんでしまう」

という悪循環になるのです。

※「後頭骨」頭蓋骨の後頭部にあります。「側頭骨」顔の左右にあります。

骨盤がずれていると、顔がむくむ

「後頭骨」は骨盤と連動し、呼吸によって骨盤の動きと同じくかすかに動いています。

「骨盤がゆがむ」→「後頭骨の動きが悪くなる」→「首や顔全体の筋肉がこわばる」→
「顔がむくむ」

骨盤がずれていると、腕がブルブル

骨盤がゆがんでねこ背になると腕が動かしにくくなっていきます。
動かさない二の腕には余分な脂肪がつき、ブルブルした二の腕になってしまうのです。

骨盤がずれていると、バストが下がる

「ねこ背」になるとバストが下がってしまいます。
ねこ背も、実は骨盤の開きが原因で起こる身体のゆがみなのです。

骨盤がずれていると、おなかがぽっこり

骨盤のゆがみが原因でS字に湾曲しているの背骨がゆがむと、ゆがみをカバーしようと体は背筋を緊張させてしまいます。
そして、逆側の腹筋は緊張をゆるめることでバランスをとることで、おなかがポッコリとなってしまうのです。

骨盤がずれていると、ヒップが垂れる

骨盤の開きが、横広がりで大きくたれたお尻を作り出します。
ヒップが大きくなるのは年齢や出産のせいだけではないのです。

骨盤がずれていると、O脚やX脚になる

骨盤と股関節、大腿骨がゆがむとO脚やX脚になります。
筋肉も正常なつき方ではなくなってしまい、さらにゆがんでしまいます。

骨盤がずれていると、太りやすい体に

骨盤の役割は体の中心部で内臓を支える事です。
ところが骨盤が開きゆがんでいると内臓が下がり消化器官がきちんと働かなくなって、太りやすい体質になってしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク