骨盤ダイエットと筋肉

骨盤ダイエットと筋肉

骨盤ダイエットをする上で、骨盤のゆがみと同時に骨盤の周囲や内側にある筋肉を鍛える事も
重要になってきます。

骨盤の周辺の筋肉をつけることによって、骨盤がゆがむ事を防いだり脂肪の燃焼を手助けする
役割を果たします。

腰の骨盤や股関節の周りには、何種類かの筋肉が層になっていて大きく二つに分けられます。
それぞれ「浅層筋」と「深層筋」といい、筋肉のある位置によって呼び方が違います。

!皮膚に近いところにある浅層筋(外側の筋肉)
!骨格に近いところにある深層筋(内側の筋肉)

インナーマッスルとは《深層筋》のことを言います。
浅層筋と違って、脂肪を燃やす性質を持つ、赤い筋線維(赤筋)が集中しているのです。
つまり、これが鍛えられることで、脂肪がどんどん燃えるやせやすい体になっていくというわ
けです。
体幹部・コアとは、横隔膜から腹横筋、腸腰筋(腸骨筋と大腰筋からなる)腹斜筋などの深層
筋にかけての場所をいいます。

『骨盤ダイエット』のほか、シコ踏みでも鍛える事ができます。
力士の足腰が安定しているのは、シコ踏みで「体幹部」を鍛えているからなのです。

しかし、普段の生活でシコを踏む事はありませんが、同じような効果は『骨盤ダイエット』
で得る事が可能です。

筋肉が衰えると骨盤はどうなる?

人間は楽をしたがる生物で、座るときに腰を落としたり、歩く時には猫背だったりします。
すると、筋肉は衰えてきて、その結果、骨盤がずれてくるのです。

こうなると余計に「姿勢が悪くなり、楽な姿勢を取り筋肉が衰える」という悪循環がおこります。

骨盤ダイエットで筋肉をつける

ダイエットをしながら筋肉をつけることを考えた時に、まず思い浮かぶのが腹筋や背筋などのトレーニングです。
しかし、骨盤が歪んでいる人はトレーニングをしても筋肉がつきづらくなっているのです。

骨盤が開いていると『サル腰』呼ばれる、「腰が寝る」状態が楽になります。

サル腰になってしまうとS字湾曲していて衝撃を吸収している腰の骨がまっすぐになり、
そのまま力が加わります。

すると、一つ一つの腰骨の間を通っている神経が圧迫され、神経が流れづらくなってしまいます。
神経が流れていない所に筋肉はつかないのです。

「筋肉が弱いので楽な姿勢を取りたい」→「神経が流れなくなる」→「筋肉がつかなくなる」

という悪循環になってしまうのです。

神経を通すためには、もちろん骨の形を矯正するのが一番です。
『骨盤ダイエット』は簡単に骨盤の形を正常に戻す事ができる上に、体の内側に筋肉をつけることも出来るのです。

筋肉がアンバランスになると

普段、なにげなく行っている動作や行動も、骨盤のゆがみの原因になります。

体の一定の場所にだけ負担をかけると筋肉がアンバランスについてしまい、骨盤がずれてきます。
そして、背骨も曲がってしまったり、股関節にも負荷がかかってきます。

骨盤がずれて股関節が出っ張っると、四角い形のお尻になってしまうのです。

『骨盤ダイエット』をすることによって、出っ張った股関節を内側に入れることも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク