骨盤ダイエットと関節

骨盤ダイエットと股関節

骨盤が数個に分かれた骨から構成されていて、その骨盤の周りにある筋肉によって正常な位置で内蔵を含む上半身を支えています。

『骨盤ダイエット』は、徐々にずれてきた骨盤や衰えてきた筋肉によって、やせにくくなったおなか周りを簡単に鍛えることが出来るので有効だと言えるのです。

股関節がずれると骨盤とつながっている大腿骨が外側へとずれて歪みが生じるます。

それに伴なって膝や足首の関節まで影響が及び不自然に湾曲してO脚になってしまいます。

O脚も『骨盤ダイエット』をすることでかなり改善されます。

サル腰

S字に湾曲していた腰骨がまっすぐになると筋肉がつきづらくなると同時に椎間板が潰れてしまいます。

椎間板は弾力性衝撃に対して大きな抵抗力がありますが、この椎間板が潰れると「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」になりやすくなります。

「骨盤が開く」→「サル腰になる」→「腰の骨がまっすぐになる」→「椎間板がつぶれる」

「サル腰」になるのを防ぐには「正しい姿勢をとる」事が一番いいのですが、クセはなかなか治らないものです。

そんな時には『骨盤ダイエット』に使われるゴムベルトなどを使ってみると意外に簡単に身体を正しい姿勢になれます。

体を正しい姿勢で支える「筋肉」の代わりなってくれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク