更年期障害チェック 冷えやすくなったと感じますか

更年期障害の中には「冷え」があります。
これがまだ症状が軽いうちはいいのですが、更年期障害になってくると日常生活に支障をきたしてしまいます。
そこで今まで冷えを意識するほど感じなかったのに近頃手足や腰から下が冷えやすくなったと感じる事はありませんか。
「冷え」の症状は更年期障害の他の症状でもよく見られる自律神経失調症が原因で起こるものです。
自律神経は血管の拡張、収縮もコントロールしていますので自律神経の働きがエストロゲンの減少により乱されてしまった結果「冷え」や「冷えのぼせ」といった症状を引き起こしてしまうのです。
また更年期障害でなくても貧血、低血圧などが原因で冷えの症状を悪化させている場合もありますのでチェックが必要です。
そのため「冷え」の症状を軽減する為に日頃からちょっとした工夫を心がけてみましょう。
例えば冷たい飲み物や食べ物をあまり摂らない、適度な運動を心がける、足温浴をしてみる、寒さを感じないよう一枚羽織るものを用意しておく、これでも冷えが改善されなければ更年期障害の恐れがありますので婦人科で診てもらってください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク