更年期障害チェック 睡眠不足や不眠になってしませんか

更年期障害で様々な更年期症状の影響により十分な睡眠を確保できないため、睡眠不足や不眠になってしまう人もたくさんいます。
そこで近頃、のぼせや発汗、気分が安定しないために夜寝つきが悪くなったり熟睡できず眠りが浅くなってしまったり、眠ってもすぐに目が覚めるようなことはありませんか。
更年期障害の場合は複数の症状が出てそれらが生活に支障をきたすものとなるのですが、ほとんどの場合他の更年期症状が落ち着いてくるに従って他の症状も解消されるものですので、症状に悩まされるからといって気分を沈めてしまってはいけません。
軽い不眠であればさほど重く考えることはありません。気にしすぎるとかえって逆効果です。
なので不眠が何日も続いて生活に支障が出る。他の更年期症状も出ているようであれば更年期障害の疑いがありますので婦人科へ行って相談してみましょう。
そしてただ単に不眠なのであれば精神科や心療内科でいいと思います。医師に処方される睡眠薬や精神安定剤であれば指示通り服薬していれば薬物依存になる心配もありませんからね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク