更年期障害チェック 尿漏れや排尿痛はありませんか

更年期障害はエストロゲンの減少により膀胱や尿道の粘膜が薄く、弱くなるため頻繁に尿意を感じるようになります。
そこで尿漏れがあったり、トイレに行く回数が多くなったり、排尿の際痛みを感じたり出が悪かったりといった症状はありませんか。
排尿痛や残尿感がある場合はエストロゲンの減少によって膣の自浄作用が低下する為、膣炎→外陰炎→膀胱炎へ移行してしまいます。
ここで大切な事は尿意を我慢せずトイレへ行き、外陰部を清潔に保つ事です。
また更年期障害で悩む人の中にはちょっとした事で尿が漏れてしまう尿漏れで悩んでいる人も多くいます。
これはクシャミや咳などでお腹に力が加わるとその拍子にちょっと尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁と呼ばれるものですが、原因は膀胱粘膜や括約筋の萎縮、括約筋の緩みなどがあります。
このような更年期障害になってもきちんと婦人科や泌尿器科へ行き適切な治療を受ける事で対処できますのでまずは相談してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク