更年期障害チェック 皮膚にしびれやかゆみなどを感じていませんか

更年期以降というのはエストロゲンが減少すると皮膚が薄くなってきたり皮脂が減ることによって皮膚が乾燥しやすくなったりするものです。
そこで今まで感じた事の無いしびれやかゆみなど今までと違う感覚を覚えた事はありませんか。
エストロゲンの減少によって皮脂が減ってしまうと皮膚の弾力がなくなるのはもちろんのこと、外部からの刺激にも過剰に反応してしまいます。
それが原因でかゆみやしびれを伴うのです。
そしてこの原因はやはりどの更年期障害の症状と同じ様に自律神経の乱れからくるものだと考えられているのです。
なのでいつもと違う感覚を覚えたからといって神経質にならず、かゆいならクリームを塗るなどして対処しましょう。
またしびれだけに留まらず麻痺やこわばりまでも伴う更年期障害の場合には内科、神経内科、整形外科など適切な科で検査を受けて更年期障害以外にも他の病気を患っていないか診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク