更年期障害 その他の検査

更年期障害であるかどうかを判断する為に血液検査を行い、更年期特有のホルモンバランスかどうかを判断するため血中のホルモン濃度を調べます。
問診の際に患者が更年期障害のような症状を訴えると、医師は閉経時特有の症状であれば更年期障害を疑います。
そして更年期障害であると判断する為に血液検査が行われるのです。
血中のエストロゲンと卵胞刺激ホルモンの量を調べ更年期特有のホルモン量を示すようであれば更年期であると判断し適切な治療法を探します。
また問診と血液検査のほかには血圧や尿検査など一般的な検査も行われ、他の病気が無いかを確認するために内診で子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍などがないかを調べます。
このように更年期障害の検査といっても普通に行われる検査と婦人科系の検査になりますのでこれといって特別怖がる必要はありません。
なので病院を怖がらず気になる症状が現れた時には病院へ行き早めに検査を受けてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク