更年期障害の診断的治療

50歳前後の患者さんが更年期障害だと思われる辛い症状が現れていて、内科的な検査を終えている場合すぐに治療を始める場合もあります。
この時の治療はホルモン剤や漢方薬による治療でいずれかを投与して治療を始め、もし更年期障害だと思われる辛い症状に効果が現れた場合、患者さんの辛い症状は更年期によるものであると言う事ができこれを「診断的治療」といいます。
このように患者さんの年齢などによって多少病院側の対応は変わってきますので一概にすべての人が同じ検査、同じ治療を受けるというわけではありません。
また患者さんによってはホルモン剤を投与する事で逆に他の病気を悪化させてしまうことがあるため更年期障害の治療を受ける前には必ず他の病気の有無を確認してから治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク