更年期障害の症状(男性編)

男性の更年期障害の場合、以下のように症状を分けることができます。
身体的症状:多汗・睡眠障害・集中力や記憶力の低下・関節や筋肉系の衰え・倦怠感・しびれ・感覚の麻痺・肩こり・筋肉痛・関節痛・口内乾燥など
精神的症状:イライラ・気分が落ち込む・不安・疲労感・あせり・気力の低下・うつ病・不眠・頭痛・めまい・耳鳴り・呼吸困難など
性機能の低下:性欲が低下・勃起障害など
血管運動神経症状:ほてり・のぼせ・冷え・動悸など
消化器症状:食欲不振・便秘・腹痛など
泌尿器系症状:頻尿感・残尿感・勢いよく尿が出ないなど
このように男性の更年期障害の症状も女性と同じ様な症状が現れこれらの症状のほかに加えて自律神経失調症状も現れてきます。
心身共に穏やかな老後を迎えるためにもこの更年期をどのように過ごしていくか。が重要になってきます。
そのため症状が現れ辛い時には病院へ行ってきちんと検査を受け、適切な治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク