更年期障害になりやすい男性、なりにくい男性

男性で更年期障害になりやすい人は責任感が強い人、几帳面なタイプ、競争心が強い人が更年期障害になりやすいと言われています。
またずっとスポーツを続けてきたのに何かしらの理由で急にやらなくなってしまったり、仕事に関しても急に仕事を辞めた人も更年期障害になる可能性があります。
何故なら今まで毎日同じリズムで生活してきたのに対し、今まで続けてきた事を急にやめてしまうことによりリズムが狂い、脳内のホルモン分泌や自律神経に影響を与え異常をきたしてしまうからです。
そのため極端な話常にマイペースであまり物事にこだわり過ぎない人というのはストレスを溜め難いとされることから更年期障害になる可能性は低いといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク