更年期障害と前立腺

前立腺は膀胱の下にあり尿道を包み込むように存在している男性特有の器官で生殖器官の一部である事から生殖能に欠かすことの出来ない重要な臓器です。
主な働きとしては前立腺液を分泌することで、生殖機能のみならず排尿をコントロールすることにも関係しています。
また胎生期の精巣より分泌される男性ホルモンによって発生、成長しますので全てを男性ホルモンに依存しているのです。
そして完全な大きさとなった後40代後半には生殖能力を維持しようとするため又発育し、肥大する事で尿道が圧迫されてくるのですが、これはホルモンバランスが乱れる事が原因で起こることで更年期障害と密接な関係があるのです。
そのため男性の更年期障害の場合は前立腺症状に関する他の病気に気をつけなければならないのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク