更年期障害と前立腺肥大症

男性の更年期障害には前立腺肥大症というものがあります。
これは男性ホルモンの乱れが原因で起こるもので前立腺の内側に良性の腫瘍ができ、腫れ上がった状態をいいます。
更年期と呼ばれる中高年には男性も女性もホルモンバランスが乱れてきますよね。そのため女性は子宮筋腫、男性は前立腺肥大症になる可能性が高いのです。
そして男性の前立腺肥大症は50歳を過ぎるあたりから肥大してくるといわれています。
また前立腺が尿道を取り囲むように存在しているため肥大症になると尿道が圧迫されることから排尿障害の原因になってしまうのです。
この前立腺肥大症が高齢男性に多く発症することから男性の更年期障害と言われているのです。
現在では前立腺肥大症になるハッキリとした原因は分っていないのですが、治療は主に経過観察、薬物治療や手術となり症状の程度によって治療法が決定されます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク