更年期障害で漢方薬を服用するときの注意

更年期障害の治療に漢方薬を服用する際にはいくつか注意があります。
漢方薬そのものは大抵は空腹時に服用すると最も効果を発揮するのですが、漢方薬の中でも五積散、十全大補湯、八味地黄丸などは胃を刺激してしまいますので、これらの漢方薬を処方された時には空腹時がいいのか、食後がいいのか、服薬のタイミングを確認しておきましょう。
また漢方薬の中にはエキス剤と錠剤などがありますが、エキス剤を処方された場合にはお湯に溶かして飲むのがより効果的です。
それに漢方薬での治療法は比較的副作用の心配はありませんが全く副作用が無いとは言い切れませんので更年期障害の他にも病気をして他の薬を飲んでいる場合には必ず医師や漢方医の指示を仰いでから服用するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク