ホルモン補充治療法とは

更年期障害の治療に用いられるホルモン補充治療法はHRTと呼ばれ減少したエストロゲンを補い更年期障害の症状を軽減します。
閉経前後になると女性の体内ではエストロゲンが減少します。それが原因で更年期障害が起こるのですが、この減少したエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補充する治療法です。
そして減少したエストロゲンを補充する事により乱れていた自律神経のバランスも整えられるため更年期障害の辛い症状を軽減する事が出来るのです。
この治療法で特に効果が見られる症状はほてりや発汗、冷え、動悸といった血管系の不調による症状やうつといった精神系の症状が改善されやすいとされていることから、更年期障害にはホルモン補充治療法が有効であるといわれているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク