ホルモン補充治療法とピル

更年期障害で不足したエストロゲンを補うホルモン補充療法ですが、この治療法とピルは意味合いは同じでも目的は全く別物だということを覚えておきましょう。
ホルモン補充療法の場合は更年期障害や骨粗しょう症の治療に用いられ、減少したエストロゲンを補いエストロゲンを本来の数値に近づけるために行われる治療法ですよね。
ですが、ピルは更年期ではない普通の人を対象とします。ということはエストロゲンの量が正常な人に対して更にエストロゲンを投与する事ということです。
そしてピルは人工的に排卵を抑えることを目的としているのです。
そのためホルモン補充療法とピル。この2つは同じ投与でも女性ホルモンの含有量や成分が異なるものですので、更年期障害で辛いからといって間違えてピルを使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク