ホルモン補充治療法の効果

更年期障害の治療で用いられているホルモン補充療法には血管系や神経系の症状を改善する効果がみられますが、その他にも改善される効果があります。
それは更年期障害の症状の一つである皮膚や粘膜の乾燥、それに萎縮にも効果があり、更にはコレステロール値の上昇といったものにもホルモン補充療法では効果があるのです。
そのため更年期障害の治療をしている人でもこの治療を受けていることにより昔のような若々しさを取り戻す人もいるのです。
ですがこれは症状が改善された事により自分に自身を持ってオシャレなどを楽しむ余裕が出てきたからであり、この治療法そのもので若返るものではありません。
またこの治療法は更年期障害のみならず骨粗しょう症の予防にも効果を発揮します。
特に閉経後の早い時期に治療に取り組んでいる人が一度は減少してしまった骨量が増えるといった高い効果が出ているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク