ホルモン補充治療法のデメリット

主に更年期障害の治療法としてホルモン補充治療というものがありますが、これは非常にリスクを伴う危険なものだといことを覚えておきましょう。
まずこの治療法は主に更年期障害や骨粗しょう症などの治療に用いられます。
不足した女性ホルモンを投与して補うというものなのですが、この治療の何が危険なのか。それはホルモン補充治療によって様々な副作用があると確認・報告されているからです。
いくら更年期障害の治療だからといって安易にこの治療を受けてしまうと逆に他の病気を引き起こすキッカケにもなってしまうのです。
様々な副作用はアメリカやイギリスでも報告されており未だに解決しなければならない問題を抱えているのがホルモン補充治療の現状です。
ですのでこの治療法を勧められたら医師に危険はないのか、どのくらいの期間継続していくのかなど前もってきちんと相談してください。この治療法は長期になればなるほど危険は増していくものです。
そのためあなた自身も医師の言う事だけを鵜呑みにせずこの治療法に関する知識をきちんと身につけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク