ホルモン補充治療が受けられない人

更年期障害の治療で用いられるホルモン補充治療に関しては厚生労働省が勧告を出していますのでもっと詳しく知りたければそちらを参考にしてください。
またこの治療法は受けられない人もいます。
・過去に乳がんや子宮体がんに罹ったことのある人や現在罹っている人(中には初期のガンに罹って現在完治している人にはホルモン補充治療をする場合もある)
・肝臓が悪い人
・心臓が悪い人
・血栓症がある人(本人に血栓症がなくても家系に血栓症が多くいる人の場合は注意が必要)
・重度の高血圧の人
などこれらの人にはいくら更年期障害であってもホルモン補充治療を行う事はできませんので違う治療法を選択されるはずです。
なので自分がこれらに当てはまるにも関わらずこの治療法を勧められた場合には本当に安全なのか再度医師に確認してください。
とにかく副作用が無いとは言い切れない治療法ですので特に長期に渡って行われる場合には注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク