ホルモン補充治療の継続と検査

更年期障害の治療法としてホルモン補充治療を選択された場合、約1ヶ月ほど様子を見てからその後も継続していくかどうかを判断します。
ホルモン補充治療は更年期障害の治療法としては有効でホルモン剤を飲み始めてから1ヶ月様子を見て、更年期障害の辛い症状が軽減されて効果が現れているようであればこの治療法は継続されます。
しかしこの治療を継続していくためには乳がんや骨量、肝機能やコレステロールといった他の病気などの検査も一緒に並行して行われ、定期的に内分泌検査も行われます。
ホルモン補充治療は他の病気を引き起こすきっかけになりうるものですので他の病気の検査は欠かせないのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク