更年期障害治療の前に子宮がんの検査を受ける理由

更年期障害の治療法にホルモン補充治療がありますが、この治療を受ける際には必ず子宮がんの検査をしなければなりません。
何故ならこの治療で補充されるホルモンはエストロゲン。そしてこのエストロゲンは子宮体がんに影響を与えるものだからです。
そもそも子宮がんには子宮体がんと子宮頸がんの2種類あり、ホルモン補充治療で気をつけなければならないのが子宮体がんです。
それにエストロゲンはがん細胞を増殖させてしまう可能性があるため既に子宮体がんにかかっている人はこのホルモン補充治療を受ける事ができません。
なのでホルモン補充治療を受ける際には必ず子宮がんの検査を受けてから治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク