更年期障害でも嫌がらずに内診を受けましょう

更年期障害で悩んでいてもこの子宮がんの検査を嫌がって検査を受けずにホルモン補充治療を受けられない人もいます。
子宮がんの検査は内診や触診、場合によっては組織診や超音波などの検査がありますから、特に女性のデリケートな部分の検査になりますので嫌な人も多いのではないでしょうか。
・細胞診とは、子宮頸部や内膣から粘膜細胞を綿棒などでこすって採取して調べる検査法
・触診とは、直接触れて卵巣にはれやしこり、卵巣腫瘍が無いかを調べる検査法
この他には場合によって内診の他に組織診や超音波検査など必要な検査を行う場合もあり、これらの検査は婦人科の病気の有無を調べるために非常に大切な検査なのです。
また手術で子宮または卵巣を摘出している人でも更年期障害であるという判断をしたり、治療をするためにも内診が必要になってきます。
なので嫌がらずにきちんと検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク