持続併用投与法

更年期障害の治療法であるホルモン補充療法には「持続併用投与法」または「連続2剤併用法」と呼ばれるものがあります。
基本的な効果は周期的投与法と変わりないのですが、この投与法は毎日エストロゲンとプロゲステロンの両方を服用する投与法で、ここでプロゲステロンを一緒に服用する目的は子宮体がんを予防するためとされています。
そして投与し始めてから半年程度は少々不規則な出血が見られますがその後は出血する回数も減ってきて半年から1年もすると大抵の人は出血が見られなくなります。
なので持続併用投与法が対象になる人は更年期障害が辛く、閉経後年数が経っている人だったり、毎月の月経が嫌という人が対象になります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク