エストロゲン単独投与法

更年期障害の治療でホルモン補充療法の投与法には「エストロゲン単独投与法」と呼ばれるものがあります。
これはエストロゲンのみを投与する投与法で本来であれば子宮内膜がんや子宮体がんのリスクが高くなるため黄体ホルモンも一緒に投与することが多いのですが、この投与法は作用の穏やかなエストロゲンのみを単独で投与します。
またエストロゲンの中でも子宮内膜や乳腺への作用がほとんどないエストリオール製剤というものがありこれを使用するとエストロゲンを投与するのに比べリスクが低い為子宮が残っていても更年期障害が辛い人には使用されますが、作用が穏やかというだけあって、更年期障害の症状に対する効果も比較的弱いのが欠点といえます。
そのためエストロゲン単独投与法は子宮筋腫など婦人科の病気で既に子宮を摘出している人が対象になる更年期障害の治療法です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク