更年期障害に効くツボ行間(ぎょうかん)・太衝(たいしょう)

更年期障害で頭痛や冷え、のぼせ、耳鳴りなどの症状が現れている方は行間(ぎょうかん)と太衝(たいしょう)のツボを刺激すると効果的です。
これらのツボはいずれも足の甲にあり行間は親指と人差し指の付け根、太衝は行間と足首を繋ぐ線上にあり親指と人差し指の骨の接合部分にあります。
この部分は色んな神経が束になって集中している部分ですので揉みほぐすことで精神の安定をはかることができます。
その他にもホルモンの分泌を活発にする働きもあることから更年期障害にも効果的で、頭痛、生理痛、冷え、のぼせ、高血圧、肝臓病、耳鳴り、寝違えにも効果のあるツボです。
また肝機能を向上させることから肝径のツボともされています。そのため更年期障害の症状はもちろん肝臓病にも効くとされているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク