更年期障害と指圧

更年期障害の症状を緩和するのに指圧も効果的です。
それは皮膚に一定の圧力を加えることで乱れていた自律神経を調整することができるからです。
自律神経の乱れによる症状が更年期障害となっている場合指圧によって血液や体液の流れを円滑にして内蔵の機能も整えることができるます。
ということは、更年期障害の症状でもあるのぼせや冷え、動悸といった血管運動神経症状に効果があるということです。
これらの症状は自律神経が上手く働かないため引き起こされていますので指圧で安定した圧を皮膚に持続的に与えることで自律神経の緊張と弛緩を調整し自律神経が上手く働くようになると血行が穏やかになり症状を改善する事ができるのです。
そのためのぼせや冷えなどの血管系の更年期障害の症状の場合でも指圧による治療は効果的なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク