更年期障害の正体

更年期障害は脳が伝達を出しても体がそれに対応できずに混乱している状態でその混乱の原因がホルモンの分泌がされなくなることによるものです。
本来であれば視床下部から様々な指令が出され各機能はその指令に従って働くのですが卵巣の機能が低下することにより視床下部からホルモンを分泌してください。という指令がいくら出されてもホルモンを分泌する事ができません。
それでも視床下部は何としてでも女性ホルモンを分泌させようとしますが、卵巣は機能が衰えているためホルモンを分泌する事ができません。つまり脳と体は悪循環を繰り返してしまうのです。
その結果視床下部が司る自律神経にまで影響を与えイライラやうつ、不眠やめまいといった様々な症状が引き起こされてしまうのです。
これこそが更年期障害が引き起こされる正体なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク