更年期障害による生理的変化

先ほどの説明で生理的変化という言葉を使用しましたが、これは女性ホルモンに関することです。
若い頃には卵巣がきちんと機能することによって女性ホルモンも周期的に分泌されていたのに対し、更年期になると閉経と共に女性ホルモンは規則正しく分泌されなくなります。
そしてこの女性ホルモンは女性の体に様々な作用をもたらしていたものですので、閉経などで女性ホルモンの中でも特にエストロゲンが分泌されなくなったらどうなると思いますか。
これこそが更年期障害と呼ばれる更年期に様々な症状を引き起こす原因なのです。
今まで女性としての機能を正常に保つ役割を果たしてきたエストロゲンが減少していくことによって更年期障害が引き起こされてしまうわけです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク