更年期症状とは

更年期障害と更年期症状はどちらも原因は同じですが、その症状に決定的な違いがあります。
更年期障害は日常生活を営む上で支障をきたし治療を必要とするものですが、更年期症状とは逆に日常生活を営む上でさほど支障がないものを「更年期症状」といいます。
ですが日常生活に支障はないとはいっても無症状というわけではありません。誰でも何かしらの症状を発症しているものの症状がさほど深刻ではなく生活できないくらい酷いものではないのです。
そのため更年期症状の場合は適切な治療と1.2ヶ月の服薬により症状を和らげ、今まで通り普通の生活を送ることができるのです。
なのでちょっとした症状でも我慢せずに婦人科または更年期外来など適切なところに相談し適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク