更年期障害でストレスによる自律神経の乱れ

更年期障害の症状が出る要因の一つにストレスがあります。
ストレスは女性ホルモンに深く関係しておりストレスによって女性ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。
そこで注意が必要な人は何事にも真面目で几帳面な人や、何でも完璧主義で責任感が強い人です。こういう人というのはすぐに自分の中にストレスをためてしまいますからね。
またストレスをためやすい人というのはストレスが自律神経のバランスを乱してしまう場合もありますので更年期障害の症状も重く出がちになってしまうと言われています。
更に更年期という年代は親の介護や自分の子供に関してなど様々な問題を抱える時期でもあります。そのため普段の生活の中でも変化があったり何かしらの悩みを抱える時期でもあるのです。
そのためホルモンと脳に密接な繋がりのある自律神経をストレスによって乱してしまうと更年期障害の症状の出方にも大きく影響してしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク