更年期と診断されるのは

更年期に良く見られる症状で頭痛や動悸、疲労感といったものは他の病気でも見られる症状ですのでまず気になる症状を自覚したら婦人科もしくは内科で受診してください。
そして更年期と診断されるのは
・普通の検査で異常が見られない
・血液中のエストロゲンの量が少ない
・卵胞刺激ホルモンが多い
これらが更年期特有の分泌状態になりますので検査でこのような結果が出ると更年期と診断されます。
また症状が重く治療を要する更年期障害かどうかを検査する血液検査はほとんどの医療機関で受ける事が出来ます。
それに最近では更年期や更年期障害を診てくれる更年期外来も増えてきましたので気になる症状が現れた時には一人で我慢せずに検査を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク