更年期障害の症状

更年期障害として起こる症状は本来女性ホルモンのエストロゲンが体を正常に維持する為に作用していたものが作用しなくなる事によって引き起こされます。
そして更年期障害には
・更年期症状(更年期不定愁訴 こうねんきふていしゅうそ)
・骨粗しょう症
・高脂血症(動脈硬化・高血圧・虚血性血管障害)
・脳の機能低下ももしかしたら更年期障害によるものとも言われています。
またこれらの他にも、火照りやのぼせ、冷え、動悸などのような自律神経失調症に関わる症状であれば更年期に入って割りと早期のうちに出る症状です。
ですが逆に更年期に入ってから数年経って現れる症状もあります。
それが骨粗しょう症や高脂血症、皮膚の萎縮などのような代謝障害に関わる症状です。
このようにどこに関わってくるかによって症状が出る時期が違います。
そのため更年期に入ったからといってすぐに症状が出るわけではありませんし、逆にほとんど症状が出なかったからこれから先も大丈夫というわけではないようですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク