更年期障害は知らずに悪化させる病気

更年期障害は更年期に入ってすぐに現れる症状とそうでないものがあります。
まず更年期症状と呼ばれる症状が閉経が近づくに連れて現れますが、次に現れる症状としえは「外陰部炎」「尿道炎」といった泌尿生殖器に関わる障害が現れます。
これらは早い段階で現れるのですが、更年期障害が落ち着きホッと一息つく頃に「骨粗しょう症」「高脂血症」といった病気を発症してしまう事があり、それが更年期障害を発症するようになって約10年後と言われています。
ここでやっかいなのは、これらは自覚症状がないため知らず知らずのうちに進行してしまうということなのです。
なのである日突然発症するものではなく更年期と呼ばれる閉経の時期に少しずつ悪化していくものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク