更年期障害の運動器系の症状

更年期障害や更年期症状というのは様々な器官の働きが低下すると症状が現れてきます。
その中には運動器系があり、エストロゲンの分泌が減るのは更年期のせいだけではなく、運動不足や筋力低下もエストロゲンの分泌の減少を更に進めてしまいます。
そして筋力低下などの原因はどうしても女性の方が男性に比べて筋肉量が少なかったり、筋力が弱いせいで肩こりや腰痛などが起こりやすいのです。
また女性ホルモンのエストロゲンには潤滑油のような働きがあり、そのため関節をスムーズに動かす事ができるのですがエストロゲンが分泌されなくなるとそれもできなくなりますよね。
そこで体は関節痛になるのを防ぐ為、関節の動きをエストロゲンの変わりに補おうと関節周辺の筋肉を使おうとします。すると筋肉の負担が重くなり筋肉痛になったり凝ったりしてしまうというわけです。
そこで運動器系の更年期障害の主な症状は
・腰痛 ・肩こり ・関節痛 ・背中の痛み ・筋肉痛
などの症状が現れてきます。これらを放っておいても良くなることは有りませんので早めに受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク